パット・マーフィ、ティプトリー賞について語る

 ジェンダー理解に貢献したSF・ファンタジー作品に送られる、ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞を創設したパット・マーフィがこいこんにやってきます。2010年にはよしながふみ『大奥』も本賞を受賞しています。創設にあたっての秘話や『大奥』の印象などもおうかがいできるかもしれません。この機会をお見逃しなく。
 お相手は、日本におけるジェンダー作品を称える、センス・オブ・ジェンダー賞を創設した小谷真理さんです。

.

出演者

パット・マーフィ(アメリカ合衆国の女流SF作家、ファンタジー作家。1987年『落ちゆく女』でネビュラ賞を受賞。「恋するレイチェル」で1988年度シオドア・スタージョン記念賞およびネビュラ賞中編小説部門を受賞。)
小谷真理(ジェンダーSF研究会発起人代表。北里大学薬学部薬学科卒業。日本SF作家クラブ会員。2003 年から日本ペンクラブ女性作家委員会委員長。『女性状無意識』( 勁草書房) で1994年度日本SF大賞受賞。)
原田和恵(ワシントン大学セントルイス博士課程 日本近現代文学・女性・ジェンダー・セクシュアリティ 日本SF女性作家研究)

実施場所

4階_中会議室

実施時間

21日 09:30~11:00

インターネット公開範囲

当日:twitter等テキストと静止画公開可

後日:twitter等テキストと静止画公開可

Menu